つむじのはげは男性特有の症状です|今は治療で改善できます

頭皮を改善していく

髪を洗う人

皮脂を多く取ってしまうと、抜け毛が増えてしまいます。天然成分が使用されているシャンプーを使いつつ、洗いすぎないことが重要になります。髪の毛が生えるためにも時間が必要です。シャンプーを変えるのであれば、早いほうがいいといえます。

もっと知ろう

視線を気にしたくない

育毛剤

女性向の育毛剤には、女性ならではのメカニズムが意識されています。まず女性ホルモンの分泌やヘアサイクルを正常化したり、頭皮へのダメージや炎症を改善することがあるようです。薄毛解決のためにも、長く使っていきましょう。

もっと知ろう

治療できる場所

鏡を見る男の人

男性ホルモンや不規則な生活習慣などが原因で髪の毛の寿命が短くなると、抜け毛が増えて薄毛になります。薄毛治療は一般皮膚科で出来ますが、発毛クリニックなどの専門医療機関ならもっときめ細かく有意義な治療ができます。

もっと知ろう

原因と対策

悩む男の人

大阪 自毛植毛クリニックを徹底比較!

大阪には自毛植毛治療の技術に定評があるクリニックが多く存在しています。クリニック選びで後悔したくないなら、こちらをチェック!

遺伝、ホルモン

つむじのはげは、男性型脱毛症(AGA)の典型例で、男性の薄毛症状の中でも、最も多いものの1つです。主な原因として2つ挙げられますが、1つは遺伝によるもの、もう1つが男性ホルモン「テストステロン」が抜け毛を促す成分「ジヒドロテストステロン」に変わってしまうことによります。これらの原因に対しては、やはり薬物治療が効果を発揮します。抜け毛を抑えるフィナステリドという成分が含まれる薬には、遺伝、男性ホルモンの変性を抑える効果があります。皮膚科や美容外科で購入することのできる「プロペシア」は、厚生労働省の認可がある、安全性の高い脱毛抑止薬です。AGA治療でも必ず用いられる薬ですから、これらの原因で、つむじのはげを疑う方は医療機関にぜひかかってみてください。

意外と重要な生活習慣

つむじのはげが気になる場合でも、遺伝などによらない場合も見られます。例えば、家族にはつむじのはげの方がいないというケースです。こうした場合には、生活習慣を疑ってみましょう。悪しき生活習慣が髪の毛に与える影響は、栄養素が十分に行き届かないことです。ストレスや睡眠不足、運動不足などは、血行不良を引き起こします。ただでさえ、髪の毛は栄養が行き届きにくい場所にあるのに、こうした行為は、髪の毛にとっていいはずがありません。また、飲みすぎや食べ過ぎは、肝臓の働きを鈍くしてしまいます。栄養素の運搬は、肝臓が中心的な役割を果たしますから、これを傷めることは、髪の毛の栄養不足をもたらしてしまうのです。このように、遺伝による原因が考えられにくい場合には、生活習慣の改善が必要です。何が悪いのかを把握し、改善を行いましょう。