つむじのはげは男性特有の症状です|今は治療で改善できます

治療できる場所

鏡を見る男の人

専門医に診てもらえる

髪の毛は皮膚の角質の一部が変化したもので、髪の毛が抜けて薄毛になるのは皮膚の病気です。したがって、薄毛治療は一般皮膚科で受けることができます。病気といっても命には関わらないので、保険は効かず、自由診療治療になります。最近は薄毛治療だけをしている皮膚科もあります。発毛クリニック、頭皮クリニック、AGAクリニックなどです。そのような専門医療機関は、薄毛治療の研究が一般皮膚科よりも進んでいます。何百人という薄毛患者を診察してきた薄毛治療の専門医がいるので、一人一人の薄毛の症状を見抜き、最善の治療をしてくれます。薄毛治療のスペシャリストの知識と最先端の頭皮医療技術で、あらゆる薄毛を発毛に導いてくれる医療機関です。

髪の毛の寿命

薄毛になるのは抜け毛が増えるからです。髪の毛には寿命があり、健康であれば2年〜7年ほど生きます。死んだ髪の毛は老廃物として体から抜けていきます。1日100本程度抜けるのが普通です。しかし、薄毛になる人は髪の毛が寿命をまっとうする前に成長が止まり、2年も持たずに抜け落ちていきます。髪の毛の寿命が短くなる原因は、頭皮環境の乱れ、生活環境の乱れ、ストレスなどがあります。男性の場合は男性ホルモンが髪の毛の寿命を奪います。男性ホルモンは髪から栄養を奪って頭皮環境を悪化させるなど、髪の毛の生涯をじゃまする性質があるのです。男性ホルモンが原因で薄毛になった場合でも、薄毛治療をすれば髪の毛の成長を伸ばして抜けないようにできます。