HOME>特集>ペット火葬をして供養してあげよう~飼い主なら考えるべきこと~

ペット火葬をして供養してあげよう~飼い主なら考えるべきこと~

人形

ペットも家族と一緒だから死後のことを考える

ペットは大切な家族の一員です。ですが、生きている以上、いつかは別れの時が来てしまいます。最愛のペットが死んでしまうとメンタル面で大きなダメージを受ける事は明白で、最悪の場合、うつ病に相当するような重い精神疾患を発症する可能性が否定できません。しかし、人間よりも長く生きる事は困難であるため、ペットを看取る覚悟を持つと共に、家族で死後について話し合って置く必要があります。そこで問題になって来るのが、死後のペットをどうするかです。自宅に埋葬のできる庭や畑があれば心配は要りませんが、マンションに住んでいる人や戸建であっても庭を持っていない場合などには重要な課題です。最近では、このような住宅事情を考慮してか、ペット火葬を行なってくれる業者が増えて来ています。

骨壺

ペット火葬の方法と費用相場

ペット火葬は衛生面に配慮して、人が使う一般的な火葬場で行われるのではなく、専門業者が専用の火葬設備で執り行うのが基本です。中には人が使用する普通の火葬場にも引けを取らないほどの施設を持っている業者もいますし、自動車に火葬設備を導入した特殊車両で自宅へ来てもらっての訪問火葬も可能です。火葬に掛かる費用はペットの大きさで決まり、業者によって違いはありますが、1万円〜4万円の間で設定している所が多いようです。また、死後のペットは法律的には廃棄物としての扱いになってしまいます。ですので、生前に大好きだった散歩コースなどに埋葬してしまうと不法投棄になる可能性があるので、必ず私有地に埋めるようにしましょう。