HOME>Review>愛猫のためのドライフード選びは慎重になろう

愛猫のためのドライフード選びは慎重になろう

犬と猫

猫にあげるキャットフードタイプで人気のものがドライフードです。ここでは、キャットフード選びで失敗しないためのアドバイスをまとめています。キャットフード選びで悩んでいる方はチェックしておきましょう。

クチコミ

体に悪い成分が入っていないものを選んでいます。(20代|男性)

自分は猫が大好きで、子供のときからずっと猫を買っています。餌は人が食べるものは絶対に与えません。なぜなら、人が食べるものは脂質や糖分、塩分が多すぎて寿命を縮めたり、病気になったりするからです。自分は絶対にドライフードを猫に与えているんですけど、体に悪い成分が入っていないものだけを選んでいます。着色料や保存料が入っていると、負担が掛かって、体調が悪くなるんですよね。だから、入っている成分は必ず確認して、店員さんにも質問をしています。店員さんは安全なドライフードを教えてくれるから、安心して購入することが出来ますよ。一度調べておけば、次回からは同じものを買えば良いから大変なのは一番はじめだけなんです。

年齢に合わせてフードは変えています。(50代|女性)

ペットに与えるエサにはとても気を使っています。基本的には猫には猫専用のドライフードを与えるようにしていますね。ホームセンターに行けば、安い値段で売っていますし、大量に入っているから経済的ですよ。年齢に合わせて、ドライフードが売っているので、その通りに選んで買うようにしています。そのおかげもあって、自宅で飼っている猫は病気もせずに元気に暮らしています。ドライフードには味も違いがあるようで、好きなものはすぐに食べてしまいます。逆に味が好みじゃないときは、何度かに分けて食べています。猫にも喜んでほしいから、出来るだけ美味しそうに食べてくれるものを選んでいます。好きな味を食べさせたときは、とてもうれしそうにしています。