HOME>Review>ペット火葬の方法も様々~あなたはどんな方法で供養しましたか~

ペット火葬の方法も様々~あなたはどんな方法で供養しましたか~

葬儀

ペット火葬には、個別火葬プランと合同火葬プランの2種類があります。プランによって料金は変わるので予算にあったプランを選ぶようにしましょう。どちらのプランも多くの人に選ばれています。

クチコミ

個別火葬を選びました(30代|男性)

とても大切に可愛がっていた愛犬ですが、ある時突然亡くなってしまいました。まさかこんなに早く別れが来るとは考えてもいませんでしたので、かなりショックが大きかったです。とても大切でしたし、とても楽しい時間を自分と家族みんなに分けてくれたペットだったので、最後のお別れもきちんとしたものにしたかったです。そこで、家族と相談してペット葬儀屋に依頼して個別のペット火葬を行ってもらうことにしました。合同火葬というものもあったのですが、ここはやはり家族の意見が一致して、費用はかかっても個別にしてあげようという気持ちが強かったです。個別火葬でおくってあげたことで、家族みんなも納得することができましたし、これでけじめがつきました。

合同火葬にしましたね(60代|女性)

犬を飼っており、いつまでもこの時間が続いてほしいと思っていました。しかし、とうとう愛犬が老衰で亡くなってしまいました。自分より早く天国に行ってしまうんだろうなとは感じていましたが、まさかその時がこんなに早く来るとは考えてもいませんでした。しかし、現実はしっかりと受け止めないといけませんので、地元で定評のあるペット葬儀屋に連絡を入れて、ペット火葬を行ってもらうことにしました。ただ、それほど費用をかけるだけの蓄えもありませんでしたので、合同火葬という形でおくってあげることにしました。火葬の時は本当にとても悲しかったですが、これで愛犬も天国に旅立つことができると考えて、自分の気持ちに区切りをきちんとつけることができて良かったですね。