HOME>Review>ペット供養をして変わったこととは~気持ちに変化が現れる~

ペット供養をして変わったこととは~気持ちに変化が現れる~

男性

ペット供養をすることで気持ちの整理をすることができ、ペットロス状態から抜け出すことができます。実際にペット供養をして気持ちの整理をつけた人の体験談を読んでみましょう。

クチコミ

寂しさだけでなく感謝の気持ちも感じられるようになりました。(70代|女性)

もう長いこと愛犬と一緒に暮らしていました。いつの間には愛犬もペットという感覚ではなく、家族になっていました。そんな家族があるとき亡くなってしまいました。とても寂しかったですが、今までとても楽しい時間を過ごすことができたので、この子をきちんと天国に見送ってあげようという気持ちになりました。そこで、地元の大阪にあるペット葬儀屋に依頼して、ペット供養してもらいました。それまでは、悲しくて悲しくて仕方ないだけだったのですが、ペット供養を行ったことがきっかけで、愛犬に対して感謝の気持ちが芽生えるようになったのです。今まで本当に楽しい時間をくれてありがとうというものでした。供養したことでこうも気持ちが変わるんだなと感じ、行ってよかったです。

ペットロス状態から抜け出すことができました。(50代|男性)

愛犬とはいつも一緒にいる感じだったので、この愛犬が亡くなってしまった時は本当に悲しかったですね、このままではペットロスになってしまって、うつ病にでもなってしまうのではないか、そんな状態まで行きました。このままでは愛犬も喜ばないだろうなと感じ、地元の大阪にあるペット供養の業者に依頼して葬儀をきちんと行ってもらいました。個別の火葬を行ってもらったのですが、これを行ったことによって、ペットロスから抜け出すことができました。本当に愛犬に対して感謝の気持ちでいっぱいになりましたね。ペットの葬儀なんてという人もいますが、飼っている人からすれば家族と一緒ですから、きちんとした形で供養してあげて当然です。